高級感・存在感を放つ、さがら刺繍の魅力・平刺繍の細かさ!

 

皆さん、こんばんわ!刺繍屋の須藤です。

本日も沢山のお問合せおよびご来店をいただき、誠にありがとうございます。本日も怒涛のラッシュでした。やはり毎年そうですが、夏は作成をする方々の気持ちが高ぶっているんでしょうか?

さて本日ご紹介するのは、今日作成したばかりの商品画像を交えてご案内いたします。

 

さがら刺繍

サガラ刺繍とは、一本の糸をかぎ状の針ですくい上げながら繍う手法で、編物の目のようになる「チェーンステッチ(環縫い)」と、糸をすくい上げてループ状になる「ループステッチ」に分かれます。

元々は手ハンドルという単頭機の環縫い用ミシンで職人さんが1枚1枚仕上げていた加工で、1982年に多頭化及び自動化され、1995年には多色化が実現し現在に至っています。

チェーン・ループ、どちらの縫い方も独特の懐かしく優しい風合いがあって、立体感や独特の味が特徴です。ワッペンやジャンパー等のカジュアルアイテムや、優しい風合いを活かし子供服等へもよく用いられるので、お手持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

続いて平刺繍!こんな細かい刺繍も出ちゃうんです!

 

平刺繍

いかがでしたでしょうか?

刺繍の色んな技法があります。色んな手法・角度によって見え方も様々!ぜひ自分だけのオリジナルを探してみてはいかがでしょうか?