帽子はファッションに合わせて正しく選ぼう

みなさん、こんにちは!

週末気分で浮かれております、帽子と刺繍を愛してやまない刺繍屋の表です。

さて前回のブログに引き続き、今回は正しい帽子の選び方についてご案内いたします。

あまり帽子をかぶり慣れていない人は、どう帽子を選んでいいのか困るかもしれませんよね。
かぶっても似合わないと思ったり、この帽子はどうやってかぶるのが正解なのかと思ったり。
ここでは帽子の選び方についてちょっと研究してみましょう。

帽子を選ぶのに大切なこと

帽子を選ぶにあたって、最も重要なのは “サイズ” です。
サイズが大きくてぶかぶかだったり、小さくて窮屈そうだったりしたら、
その帽子の良さも伝わりません。
まずはきちんとしたサイズの帽子を選ぶことでしょう。
次に、合わせる服や用途に合わせて帽子の種類や色を選びましょう。
帽子も洋服と同じように季節やTPO(時・場所・場合)によって使い分けることが重要です。

元来は、地位や職業、服装に応じてかぶるべき帽子が決まっていた時代もあったようですが、
現在はそのようなこともなく、様々な組み合わせで自由にかぶることが多くなってきています。
帽子のかぶり方に「これが正しい」「それは間違っている」というのはありません。
まずは基本的なかぶり方でかぶり、自分が似合っていると思うかどうかが結局のところ重要のようです。画像⑦

似合うか似合わないかのポイントは?

前述のように、洋服との組み合わせも重要ですが、それ以上に似合うか似合わないかの
ポイントとなってくるのが、顔の形(輪郭)と体型(背の高さ)です。
一般的には、クラウンの形は顔の形(輪郭)と関係があり、
ブリムの大きさは体系(背の高さ)と関係があると言われています。

また、同じ帽子でもかぶり方によって、似合うことも似合わないこともあります。
買うときはよく鏡の前で試着し、いろいろな角度や深さでその帽子をかぶってみましょう。
また、その帽子が自分の顔の形や体系と合っているかをチェックしましょう。
まずは、基本的なかぶり方でしっかりとかぶってみることが、似合う帽子を選ぶ近道です。
でも、かぶり方にとらわれず楽しんでかぶることが一番ですね。

いかがでした?

せっかく買ったCAPが似合わないことってありませんでしたか?

少しの知識であなたも、帽子ソムリエです!

ぜひ自分だけのオリジナルを作成してみてはいかがでしょうか?

刺繍屋